アイスコーヒーの簡単な作り方【お家で本格コーヒー】

アイスコーヒーの簡単な作り方【お家で本格コーヒー】

おいしいアイスコーヒーが飲みたい

アイスコーヒーの季節になってきましたね〜。

これから真夏までの期間が一番美味しい季節でしょうか。


でも、ご自宅でアイスコーヒーを作るのって意外に難しいというか、よくわからないというかちょっと”うっ”っとなりますよねw  

なんか何が正しいのかよくわかんない気がします。
私も根がめんどくさがりなのでよくわかります。

アイスコーヒーの作り方

おいしいアイスコーヒーを作るには?

では、そんなあなたに簡単なアイスコーヒーの作り方をお伝えいたします。

普段ドリップで淹れている方なら全く問題ないんです。

それはなぜか。


基本的にはホットと同じ考え方やり方で大丈夫だからです。



ホットで珈琲をドリップするときには豆の量とお湯の量を決めますよね??


アイスでも基本的におんなじメソッドで大丈夫なんです!


ただお湯の半分くらいが氷に変わるだけです!!
かんたんですねっ♪

  • ホット = 豆18gーお湯300g で抽出するメソッド
              ↓
  • アイス = 豆18gーお湯150g +氷150gで抽出する!


あとは、注湯のタイミングをホットと同じタイミングにしてやれば完璧。

例(自分の美味しいホットのレシピでOK)

【注:今回は当店の通常レシピより少し濃いめに出すレシピで載せてみました】

■ホット

1投目 お湯60g(全体の20%) 
スタートから50秒で
2投目 お湯 60g (全体の20%)
1分40秒で3投目 お湯 180g (全体の60%) で2分40秒で落ち切り

   
■アイス 〈サーバーに氷150gセット〉
1投目 お湯30g(全体の20%) 
スタートから50秒で
2投目 お湯 30g (全体の20%)
1分40秒で3投目 お湯 90g (全体の60%) で2分40秒で落ち切り 
お湯が少ないのでもちろん少し早く落ち切ります。) 

 
お分かりでしょうか?


アイスの場合お湯の量は半分なので、全体の%を同じにして半量で抽出。
時間配分はホットと同じで抽出すればバッチリです。

これで爽やかなアイスコーヒーの完成です!!!!


どうですか?かんたんですよね?!!


ただ、、、以下の2点で少し軽く感じます。

①抽出に使うお湯の量が少ないことから、
少し未抽出(詳しくはドリップメソッドのブログに)になるので酸味が多めの爽やかな味わいになります。
苦味より酸味の味わい。

②温度が低いと人間は少し味を薄く感じます。
もう少しコクが欲しいなと思う場合は
挽き目、メッシュを少し細かめに挽いてみましょう。
豆の量は増やさないように!酸味が増えます。
苦い深煎りならそれでも良いかもですが。)

よろしいですか?


①レシピのお湯の量を半分氷にする。
②注湯のお湯の量は全体の%をホットと同じにし、時間配分もホットと同じで抽出。
③薄ければ少し細挽にする。

実際にアイスコーヒーを作ってみましょう!

アイスコーヒを作ってみよう

  • 豆18g
  • お湯150g
  • 氷150gを入れたサーバー
タイマーを準備し、アイスの淹れ方(上記)で抽出。

完成後、スプーンで混ぜる

グラスに氷を入れて抽出したコーヒーを注いで完成!!!



氷さえあれば、いつものホットコーヒーの淹れ方で簡単にアイスコーヒーを作れますよ!!


もっと簡単にアイスコーヒーを飲みたい!

もっともっと簡単がいい!と言う方には、こちらがおすすめですよ〜♪
ポットにコーヒーパックとお水を入れて、置いておくだけで美味しい水出しアイスコーヒーの完成です!!
こちらもおすすめ!!(ご近所様限定・デリバリーのみ対応)

グラスに注ぐだけ!自宅で贅沢なアイスコーヒーが楽しめます。
ぜひぜひお試しください〜♪
ご質問はこちらまで▶︎info@onsaya.com

続きを読む

【コーヒー小話】浅煎りコーヒーについて

【コーヒー小話】浅煎りコーヒーについて

【保存版】コーヒー豆の最適な保存方法とは?

【保存版】コーヒー豆の最適な保存方法とは?

【2021年最新版】ONSAYAのコーヒー豆人気ランキング

【2021年最新版】ONSAYAのコーヒー豆人気ランキング