【おすすめコーヒードリッパー】HARIO V60のご紹介

【おすすめコーヒードリッパー】HARIO V60のご紹介

コーヒードリッパーについて

岡山のコーヒーショップ、オンサヤです。

コーヒー豆を買っても、どの器具を買っていいかわからない!という方も多いと思います。

そこで、今回はドリッパーについてご紹介いたします。

 

最近は、自宅でコーヒーを淹れる人が増えています。

せっかく淹れるなら美味しいコーヒーが飲みたいですね。

今回は、比較的お手頃な値段で本格的なドリップ珈琲が淹れられると世界中で愛されていて、実際にオンサヤでも使用している「HARIO V60 シリーズ」の魅力を紹介します。

 

ハリオV60とは

 

ドリッパーには様々な種類があります。
素材や形が違うだけで、抽出される珈琲は驚くほどに変わってきます

V60は円錐型のドリッパーです。
コーヒーの味を大きく左右する要因の1つに" 抽出時間 "があります。

円錐の形をしているV60でコーヒーを抽出すると、お湯はその側面を伝って下部の大きな一つ穴から素早く流れ落ちます。
そうすることで、お湯が珈琲豆と接する時間が短くなり、スッキリとしたコーヒーが抽出されます。

もちろんゆっくり注げばじっくりと抽出することも可能です。


次にドリッパーの素材ですが、オンサヤで普段使っているのはAS樹脂で作られた「 V60透過ドリッパークリア 」で、最も安価なV60ドリッパーです。

安価な樹脂製のものは、比較的高価な陶器や金属製に比べてあまり良くないと思ってしまう人も多いと思いますが、樹脂製のものは他のものに比べて熱の影響を受けにくく取り扱いやすいものです。



ドリッパーの素材を考える上で最も重要なのは”熱伝導率”です。

樹脂は金属や陶器、硝子に比べて熱伝導率が低くなります。熱伝導率が高いと熱が伝わりやすい反面冷めやすいという特徴もあり、熱伝導率が低く、軽い樹脂製品の方が扱いやすいのです。

もちろん丈夫で壊れにくいことも樹脂製を使っている理由のひとつです。

陶器(セラミック)を使用される場合はしっかりと充分温めれば熱が逃げにくいので最適な抽出効率が実現できます。

ガラスも割れやすいですが、比較的扱い易くオススメです。


では、このV60を使って味の検証をしていきましょう。

 

【検証】HARIO V60を使ってコーヒーを入れてみた!

V60を使って淹れるコーヒーと、他のドリッパーで淹れるコーヒーはどう違うのか。

オンサヤのコーヒー豆を使って同じく世界中で人気の「カリタ ウェーブ」と比較をしてみました。

 

検証には、
浅煎りのエチオピア イルガチェフェ ゴティティ "
深煎りのインドネシア スマトラ リントン "を使用しました

抽出方法はオンラインショップでも公開している、オンサヤ公式のレシピです。

カリタのウェーブシリーズは円錐型のV60とは違い、底面がフラットになっており、3つの穴が空いています。

また、使用するペーパーフィルターの側面波打っており(ウェーブ)、空気の出入りがし易く抽出を妨げません。

そして、フィルター内の偏った部分に、お湯が長時間たまらない様に設計されています。

 

味の評価

違うドリッパーで入れたコーヒー、味の違いはあるのか?

エチオピア、スマトラどちらの豆で入れた場合もオンサヤのレシピだと・・

■HARIO V60

全体的にスッキリした印象で、酸味やフレーバーが目立つ仕上がりとなりました。


■カリタ ウエーブ

味の種類が多く、少し濃厚なイメージの仕上がりとなりました。
V60で淹れた時の酸味やフレーバーに加えて、甘みやコクもしっかりと出て深みのある印象でした。



オンサヤは、それぞれのスペシャルティコーヒーが持つ個性豊かなフレーバーを楽しんでいただきたい、と考えているのでV60を採用していますが、コーヒーの味のどこにフォーカスするかで使い分ければ面白いですよね。



なぜ同じレシピでこんなにも違いが出たのか?

この様な違いが出た要因には、ドリッパーの形状の違いに起因する"抽出効率"の差が大きく関係します。

ONSAYAのレシピでは、比較的フレーバー酸味にフォーカスした淹れ方で、"V60"だとそこの成分がきれいに抽出され易く、他の成分(甘さやコク)があまり抽出されていない感じでしょうか。


カリタのウェーブドリッパーは、フラットな底面にお湯が溜まるため、ONSAYAレシピで淹れた場合でも円錐の"V60"に比べて均一に豆がお湯に触れるので、全体的に抽出効率が上がります。
そのため、珈琲の持つ成分がしっかりと抽出されて"V60"より甘み、コクなどが多く抽出されると考えられます。

ウエーブの優れたところは平らな底、ペーパーの形状、3つ穴の位置や大きさでしっかりと味を出しつつも重すぎず、スッキリと抽出されやすいところでしょうか。

意外に抽出時間も早いので驚きです。
V60より抽出時間短めでもしっかり味を出してくれますよ。


結論

どのドリッパーにも持てる特徴があり、長所と短所があります。
ドリッパーはどの様な珈琲を抽出したいかによって選び方が変わってきます。

軽めで爽やかな酸味やフレーバーを楽しみたい方は"HARIO V60"

全体としてバランスよく、甘さやコクも楽しみたい方は"カリタ ウエーブ

 

面白いですね。

違うドリッパーを買って飲み比べてみてください。
同じレシピで淹れてみてくださいね。

そうすれば違いがわかります。

コーヒーの種類でも合う合わないがありますよ!

エチオピアゴティティはV60、グァテマラリベルタッドはウエーブで淹れるのがオススメ!

では、おうちコーヒーをお楽しみくださいませ。

美味しいコーヒー豆は是非オンサヤで!



続きを読む

抽出メソッド - アイスコーヒー編 -

抽出メソッド - アイスコーヒー編 -

【保存版】コーヒー豆の最適な保存方法とは?

【保存版】コーヒー豆の最適な保存方法とは?

MITCH ALL STARS LIVE 2020

MITCH ALL STARS LIVE 2020