カフェオレについて【オンサヤおすすめレシピも!】

カフェオレについて【オンサヤおすすめレシピも!】

みんな大好き!カフェオレ

実は僕はカフェオレが好きです。

コーヒー牛乳も好き。
子供の頃から好きですが、今でもやっぱり好きです。笑

今回はそんなカフェオレのお話です。

 

カフェオレの起源

カフェオレ(cafe au lait)はフランス語です。


17世紀半ばにフランスにコーヒーが入ってきたようですが、当初は苦いし、イスラム文化から来たのでコーヒーは悪魔の飲み物とか言われて敬遠されていたようです。

しかし当時のフランスの王様は”コーヒー”が気に入ったらしく”コーヒー”に洗礼を施し、許可したそうです(笑)

 

その後、王に許可されてもなおコーヒーは体に悪いと思われていたらしいのですが、1685年に医師のモナンさんが「フランスの清い牛乳で毒素を相殺できる」として温めた牛乳と粉末コーヒーと砂糖を混ぜて処方したそうです・・。

これがカフェオレの起源?だそうです。面白いですね・・。

 

カフェオレとは?

カフェオレの”レ”はlaitで牛乳を意味するフランス語です。

なのでコーヒー牛乳ですね(笑)

フランスのカフェオレは基本的にコーヒーと牛乳が同量混ぜます。
50:50。ドリップコーヒーと温めたミルクで構成してます!

 

ちなみにミルクが5割以上入ったミルクコーヒーを “café renversé” (カフェ・ランベルセ)と言うそうです。
ミルクたっぷりなのもたまにはいいですね。砂糖か蜂蜜入れてガブガブといきたい!

 

コーヒーとミルクの組み合わせは結構あって抽出方法の違いや割合、入れる順番などでたくさんありますよね。
あ、発祥の国も違いますね。

イタリアのカフェラテは、エスプレッソにスチームミルク。
カプチーノはエスプレッソにスチームミルクにフォームミルク(泡立てたミルク)。

オーストラリアのフラットホワイト(少しエスプレッソ濃いめのカフェラテ、そしてよりきめ細かいミルクを使う)などなど。

クリームを入れたものや、フォームドミルクだけ乗せたものなどたくさんです。

 

それだけコーヒーとミルクの相性が良くて、割合とかにも好みが分かれると言うことですね!

 

朝一番、ブラックコーヒーかカフェオレか迷いますね!
みなさんはブラック派?ホワイト派?

 

なんか楽しいのでONSAYAでも新たなミルクコーヒーを作ろうかなと思ってます。

 

オンサヤのおすすめカフェオレレシピ 

ONSAYAのカフェオレは

ネルドリップで抽出した
ダークブレンド 5

クリーム 1

牛乳 4

で構成しております。

クリームを入れるとリッチなミルク感で、とても美味しいカフェオレになりますよ♪

 

■ダークブレンド

微かに果物を感じる
深くほろ苦い深煎りブレンド

商品についてはこちら

 

オススメの飲み方

カフェオレはたっぷりと飲みたくなりますね。
200~300ccくらい欲しいです。

やはりフランスっぽくカフェオレボウルがいいですかね。
大きめのマグでもいいです。

そして個人的には砂糖を入れて飲むのがおいしいかなと思います。
あくまで個人的意見ですが。

シンプルにコーヒーとミルクの味を楽しむならグラニュー糖がおいしいですし、ブラウンシュガー系ならまた違った風味がプラスされてそれまたおいしいです。
お好みですね。蜂蜜もいいですね!!


カフェオレが主の朝食も楽しいですね!

 

ではみなさま、各ご家庭の”カフェオレ”を作ってミルクコーヒーに凝った朝食?お楽しみください♪

 

続きを読む

【オンサヤのコーヒーが飲めるカフェ】Freeman Coffee in 福山

【オンサヤのコーヒーが飲めるカフェ】Freeman Coffee in 福山

【お中元シーズン】ONSAYAの夏ギフトはいかが?

【お中元シーズン】ONSAYAの夏ギフトはいかが?

【話題のデカフェ】カフェインレスコーヒー事情と選び方

【話題のデカフェ】カフェインレスコーヒー事情と選び方