ETHIOPIA Worka Natural(エチオピア イルガチェフェ・ウォルカ ナチュラル 中煎り)

¥1,404 

このバリアントは現在完売しています

利用可能になったときに通知を受け取りたい場合は、以下のフォームに記入してください。


  • Amazon
  • American Express
  • Apple Pay
  • Daily Yamazaki
  • Diners Club
  • FamilyMart
  • Google Pay
  • JCB
  • Lawson
  • Mastercard
  • Ministop
  • PayPal
  • 7-Eleven
  • Shop Pay
  • Visa

※焙煎日から2週間以内の新鮮な豆のみをお送り致します。
※注文日から2営業日以内に発送致します。
※クリックポストの場合、通常よりお届けに時間が掛かる場合がございます。クリックポストの場合、通常配送とパッケージが異なります。


- Taste -
熟した果実感が堪らないフルーティーな香味

- Cupcomm -
ラズベリー、チョコレート、カシス、クリーン、中煎り

チャート表

- Type -
0 キレのある酸味
1 爽やかな酸味とフレーバー
2 フルーティーさと甘み
3 バランスの良いコクと甘み
4 深い香味と甘みとまろやかな苦み
5 力強いボディと苦み

COUNTRY エチオピア
AREA イルガチェフ地域東側 ゲデオゾーン最南東部 ゲデブ
ORIGIN ゲデブ小農家 ウォルカWS
ELEVATION 1,900~2,100m
VARIETY エチオピア原種
PROCESSING ナチュラル
MILL ウォルカ

Story


店主東が2018年に訪問したお馴染みのエチオピア。今回はいつものゴティティのお隣、ウォルカステーションのナチュラルプロセスが入荷しました。洗練された熟した果実感がたまらないフルーティーな香味です。エチオピアのナチュラルの品質はやはり素晴らしいですね。熟した果実感は飛び抜けており、その上クリーンで素晴らしい酸を持っています。今回は中煎りで、少し酸を抑えて、甘さを意識してみました。是非お楽しみくださいませ。

〈エチオピア訪問記〉
2018年12月、アラビカコーヒーの生誕の地、憧れの”エチオピア”を訪問しました。首都アディスアベバは標高2500mを超える高地にあり、コーヒー農園への道のりはなんと標高を下っていきます(笑)空気薄い!!と到着してすぐに興奮しました。今回ご紹介するのはエチオピア の高品質エリア、”イルガチャフェ南東部“のゲデブ”エリアのウォレカウォッシングステーションの豆です。標高2100メートル。水も豊富でウォッシュドコーヒーを作れる数少ない優良なエリアです。WSの周りに住む家族単位の農家の人が、家の周りの野生のコーヒーの木からチェリーを収穫します。森を探索するといろんな葉の形状が見てとれ、さまざまな品種が混在しているのが分かります。他の国の管理された農園とは違い、多様な森の姿を見せてくれます。やはり元々アラビカ種の発祥の地だけあって、木々が自然に、ストレスなく、そして他種が混じる事なく生きていることがエチオピアのコーヒーの美味しさの原点なのだと思います。エチオピアらしい華やかさと、蜜のような甘さ、上品かつコンプレックスさも感じる、さすがゲデブエリアのコーヒーです!

抽出の目安
ドリップコーヒー豆18~21gお湯300cc
✳︎詳しいドリップ抽出レシピ
フレンチプレス豆28gお湯400cc
✳︎詳しいプレス抽出レシピ

コーヒー豆とお湯の割合が重要となります。
300gのお湯を使って抽出する場合は豆18g〜21gを使用してください。
(出来上がり270gくらい)スケールで測ることをお勧めいたします。

コーヒー豆保存方法のすすめ